So-net無料ブログ作成

着物をほどく [手仕事]

着物がたまってきたので 大島紬を集中的にほどいた
男物の大島紬が風呂敷になっていた
紺色の素敵な布だ・・裏地付きで下半身部分をそのままちょん切って あちこち布をくっつけて大風呂敷に・・・
女物の大島のアンサンブルもあった
古いものなので 絹糸が弱くなり丁寧にほどかずに引っ張ってほどいた
プロに頼むと ほどき賃でも数千円するとのこと
P1100634.JPG
晴天だったので きれいに色が出ていないのが残念
P1100635.JPG
風呂敷は 藍染の布が使ってあり 洗濯をしたら一緒に洗ったタオルが 見事な藍色に染まった
大島も染まってしまったかしら・・・
この後 数時間かけてアイロンをかけた
まだ ほどいていない着物が山ほどある・・
知り合いが 届けてくれるのだが どちらにせよゴミとして処分するものなので
選別も気がらくだ。それらの中に 2割ぐらいでもよいものがあればラッキーだ
先日 帯をいただき見ていたら 黒い帯に絵が描いてありその絵がうつらないように間に新聞が入っていた。その新聞が昭和22年の朝日新聞だった
すごい 骨董のような気もするが ゴミとした
45ℓのゴミ袋に3袋処分した
今の私は 着物の素材を見分ける目がない
ようやく 銘仙と大島紬がなんとなくわかるようになった
今 製作中は 浴衣をほどいてモンペを作っている
綿素材のものを 身に着けるようにしているので 浴衣の生地がお気に入り
大島では ブラウスを作りたいと思っている
前回は 紬でチェニックを作ったので 後ほどここに貼りますね

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

ワン子

お久しぶりです。
山盛りの大島 どんな大作ができるか楽しみにしています。

by ワン子 (2017-06-26 19:25) 

kero

ワン子さん 大作を作っても 着ていく場所がないのです。
手作りの モンペが一番 日常着です
by kero (2017-06-29 10:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。